敏感肌のスキンケア、シミ対策、シャンプーなどや敏感肌におすすめの洋服などもご紹介しています。

menu

敏感肌的生活

da248f01914d510835619130ea0b756c1

日焼け止めクリームなどには必ず「SPF」「PA」が表示されています。

数字が大きいほど日焼け止め効果が高いことは知っていますが詳しくは
知られていません。
ここで一度「SPF」「PA」についておさらいしときましょう。

「SPF」は
肌がサンバーン(赤くなってヒリヒリする状態)を引き起こす強いエネルギーを持った
紫外線B波をカットする力で、サンバーンが起こるまでの時間を引き延ばす力を表しています。
平均的な日本人は、約20分でサンバーンを引き起こすといわれていますが、
「SPF2」の日焼け止めを塗れば、
その時間の2倍の40分まで引き延ばすことができるということです。

「PA」は、
肌の深部まで到達しシミやシワの原因となり
肌の老化を進める紫外線A波をカットする力を表すもので、
「+」はタンニング(深部まで達し色が黒くなる)が起こるまでの時間を2~4倍に、
「++」なら4~8倍、「+++」は8倍以上引き延ばせる目安です。

紫外線対策をするなら「SPF」も「PA」も数値が大きい方を選べばいいという
ことですがお肌にとっては必ずしも良いというわけにはいかないようです。

日焼け止めクリームなどの成分としてよく含まれる「紫外線吸収剤」「や
紫外線散乱剤」はお肌への負担がかかる成分。
敏感肌にとっては毎日使う場合はあまりおすすめできません。
なかでも紫外線吸収剤は負担が大きいです。
なので私達敏感肌人は紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルの日焼け止めクリーム
を使うことをおすすめします。

日焼け止めクリーム
ヴァントルテ ミネラルUVクリーム
ウェアルーUV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール


性別:女子
年齢:秘密
昔、アトピー、今、敏感肌
普通肌の女子になりたい!

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ