敏感肌のスキンケア、シミ対策、シャンプーなどや敏感肌におすすめの洋服などもご紹介しています。

menu

敏感肌的生活

敏感肌人の正しいお風呂の入り方

6aef0596c690a615b4e7f82fa09ce4dc_s

アトピー持ちや敏感肌人にとって毎日のバスタイムはお肌にとって
もっとも注意すべき時間。

私、子供の頃からお風呂が大好き。
父がお風呂が大好きで休みの日には朝風呂、昼風呂、夜風呂と何度も
入っていたのが影響したんだと思います。
温泉旅館の露天風呂が大好きで近くの日帰り温泉施設なんかもしょっちゅう
行っていました。

ところがこれって敏感肌にとってはイケナイことだったんですね!

お風呂に浸かると血行が良くなって気分もまったりリラックスします。
私なんか雑誌を読んだりすることもしばしばでした。

でも熱い湯船に長時間浸かるとどんどん皮脂が流れて肌が乾燥します。
乾燥すると肌のバリア機能が破壊されて刺激が入りやすくなってしまいます。
肌のためには熱いお湯よりもぬるめのお湯がベストです。
お肌ためには38度以下が良いようです。
でも寒い季節などはさすがに38度はぬるく感じるかもしれません。
季節や体調にあわせていつもよりちょっとぬるめを心がけたほうが良さそう
ですね。

ともかく敏感肌にとっては残念ながら長風呂は厳禁のようです。
なので体の汚れを取るという目的だけならばシャワーを浴びるだけで
充分です。
とはいえ、温度もぬるめで水圧も強いと肌がやはり乾燥するので弱く
するのを忘れないでください。

どうしても湯船に浸かりたいなら短時間で。
入浴剤も保湿に良いとうたっているのが多いですが刺激物の成分も多い
ようです。もし刺激物が入っている場合は全身に刺激が入るわけですから
できるだけこれも使わないほうがおすすめです。

洗い方

敏感肌には当然ですがナイロンタオルやブラシで体を洗うのは厳禁です。
体を洗うのに一番良いのは「手」です。
手で洗うようになってから体のいろんなところに手が伸びるようになりました。
ストレッチの効果があるかも(笑)

体を洗う石鹸もよく泡立てて使います。
これもどんな石鹸も刺激はあるので少しの量でいいです。
石鹸の使い過ぎは皮脂を摂り過ぎてしまいやはり肌を乾燥させます。
さらに皮脂を摂り過ぎてしまうと肌が防御反応で皮脂を余計に分泌します。
余分な皮脂は酸化してこれが臭いの原因となってしまいます。

それに石鹸の使い過ぎは肌の常在菌を死滅させてしまいます。
そして肌のバリア機能が破壊され細菌が繁殖しやすくなります。

なので石鹸はほどほどに使いましょう。
使わなくても汚れはぬるま湯で充分落ちます。

お風呂やシャワーは毎日のことなのでちょっと洗い方や浸かり方を気をつけた
だけでずいぶん肌は変わります。

でも元来温泉好きなので以前は週に一回は行っていた近くの日帰り温泉施設
は今は月に一回にしました。
前はせっかくお金払って入っているんだからと長風呂していましたが今は自分の
肌の方が大事なので短い時間になりました。
お金がもったいないような気もしますがそれでもやはり温泉は好きなのでリフレッシュ
できます♫
汚れをしっかり落とし、美容成分で栄養を補う高機能洗顔石鹸ペネロピムーン500円モニター募集中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール


性別:女子
年齢:秘密
昔、アトピー、今、敏感肌
普通肌の女子になりたい!

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ