敏感肌のスキンケア、シミ対策、シャンプーなどや敏感肌におすすめの洋服などもご紹介しています。

menu

敏感肌的生活

敏感肌の正しい日焼け止めクリームの塗り方

da248f01914d510835619130ea0b756c1

日焼け止めクリームの正しい分量を知っていますか?

これが意外に知られていないのが現状です。

SPF紫外線防御指数を正しく満たすためには、1cm²あたり2mg塗る必要があります。
だいたいクリームタイプの場合はパール粧2個分が目安です。
しかし実際はその1/4程度しか塗られていないことが大半のようです。

表示通りのSPF値を得たいなら正しい量を使用しましょう。

日焼け止めクリームは2回に分けて塗ると塗りムラを防げます。
そしてスポーツや大量に汗をかいた時などは2,3時間おきに塗りなおしましょう。

敏感肌におすすめの日焼け止めクリームセバメド




セバメドUVプロテクトクリームpH5.5の紫外線対策(クリームタイプ)【SPF32 PA+++】

特に紫外線が気になる方や、紫外線をしっかりガードしたいときにもおすすめの日やけ止め。

【pHについて】
酸性、アルカリ性の度合いを0~14の数字で示したものをpHといいます。pH7のときが中性、それより大きいとアルカリ性、小さいと酸性です。
健康な皮膚を保護している皮脂膜は弱酸性のpH5.5(平均)です。




セバメドUVマイルドミルク(100ml)pH5.5の紫外線対策(乳液タイプ)【SPF18 PA++】

日中用スキンケアミルクとして、毎日のUV対策におすすめです。
出したときはクリームのようなのに、肌に広げるとすーっとなじむ、しっとり乳液タイプ。




赤ちゃんにも使えるベビーセバメド UVミルク【SPF16 PA++】

敏感な赤ちゃんにも、顔、腕、足など、全身に使えます。
普通の石鹸で落とせるのでお手入れもカンタンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール


性別:女子
年齢:秘密
昔、アトピー、今、敏感肌
普通肌の女子になりたい!

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ