敏感肌のスキンケア、シミ対策、シャンプーなどや敏感肌におすすめの洋服などもご紹介しています。

menu

敏感肌的生活

敏感肌が気をつけたいクレンジングのやり方

biyou_cleansing

敏感肌にとって肌が乾燥しやすい冬は肌の
トラブルがもっとも起きやすい季節。

敏感肌の最大の敵は乾燥といっても過言で
はありません。

肌の乾燥はバリア機能の低下でシミやくす
み、肌荒れなど全ての元凶。
空気が乾燥する冬は特に顕著です。

そんな冬は悲惨な状況に陥りやすい敏感肌
さんがまず気をつけたいのがクレンジング
の方法。

間違ったクレンジングを続けてしまうと乾
燥はさらに悪化し取り返しのつかないこと
になってしまいます。

敏感肌のクレンジング方法

クレンジング剤を肌の上にのせる時間が長
ければ長いほど、肌にとって大切な水分や
油分が失われていき、乾燥が進んでしまい
ます。

できるだけ短時間に済ませたいものですが
落ちにくいマスカラやアイラインが問題。
これらは最初に専用リムーバーで落として
おきましょう。

それも短時間で。
完全に落ちていなくてもその後クレンジン
グ剤をつけるので大丈夫です。
とはいえ、ゴシゴシ擦ってはいけません。
綿棒などを利用してやさしく肌に滑らせま
しょう。

クレンジング剤は目もと、口もとなどの皮
膚が薄い箇所、乾燥しやすい箇所はテキトー
に。皮脂量が多く皮膚も厚めのTゾーンから、
すばやくなじませます。
この後に洗顔料を使うので大丈夫です。

クレンジング剤はそれぞれの説明書にある
通りの量で。
クレンジングの際は、あくまでも優しく。
肌をゴシゴシこすってしまうと、摩擦によっ
て肌表面が傷つけられ、乾燥がすすみます。
やさしく、優しくがモットーです。

洗う温度にも気をつけてください。
熱いお湯は、肌から水分や油分を奪うとと
もに、肌への刺激となります。
少し冷たいと感じるくらいの、ぬるめのお
湯ですすいでください。

オイル系のクレンジング剤はよく落ちますが
含まれている合成界面活性剤の刺激も大きい
です。
できれば乳液状やクリーム状のクレンジング
剤がおすすめです。

できれば、メイクは薄く、洗顔料でも落とせ
るくらいくらいのメイク用品が良いですね。
敏感肌・乾燥肌に新発想クレンジング【kikimate】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール


性別:女子
年齢:秘密
昔、アトピー、今、敏感肌
普通肌の女子になりたい!

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ