敏感肌のスキンケア、シミ対策、シャンプーなどや敏感肌におすすめの洋服などもご紹介しています。

menu

敏感肌的生活

布ナプキンのすすめ

main01_05

オーガニックコットンで女性に優しい布ナプキン

敏感肌は生理時も厄介。

私は生理になると生理痛が酷いうえに

デリケートゾーンが

痒い痒い痒い痒い痒い!

掻けばもっと痒くなってアソコが痛い!

女子会でそんなことを話題にしたら友人から勧められたのが布ナプキン。

【送料無料】布ナプキンお試しセット【Sunny Days】

【送料無料】布ナプキントライアルセット

彼女も私と同じく敏感肌の持ち主。
すでに布ナプキン歴3年だそうです。

なんせ小学校6年で生理が始まって以来ずーっと紙ナプキン。
子育てだってもちろん紙おむつ。
その吸収力の威力は身を持って知っています。

布のナプキンなんてすぐ漏れるんじゃないのぉ~?

でも友人があまりに自信たっぷりに勧めるので
ダメ元で布ナプキンを使い始めたのが1年前のこと。

ええええええ~?

吸収力あるじゃん!
布なのに。

ベトベトして蒸れるかと予想してたのに蒸れない!
紙より。

超面倒くさいと予想してたナプキンのお洗濯が意外にカンタン。
だって水だけの予洗いでほとんど落ちちゃう。

布ナプキンを使い始めて3回めの生理の時にふっと気がついた。

あれ?
今までのような寝こむほどの生理痛がない?

私は生理の初日から2日目までは必ず生理痛があり、ほとんど毎月
鎮痛剤のお世話に。
お腹は痛いは、頭も痛いは、もう毎月最悪。

でも、ふと気が付くと、あれ?
そりゃあ未だに生理痛はあるけど以前のような激痛じゃない。

昔からずっと毎月毎月大量にナプキンを使い捨てにしているのは
なんとなく環境に悪いようで後ろめたい気持ちがありました。

さらに子供を産んでこれまた大量に紙おむつを使い捨てにするのに
も後ろめたい気持ちがありました。
祖母が布おむつをたくさん縫ってくれていて使おうと思えば使えた
のに便利さに負けちゃった。

それに高性能の紙おむつの方が布よりおむつかぶれがしなかったし。
今思えばそれもやりようだったのかも。



今注目の医師内海聡さんが布ナプキンの効果について言及しています。
以下内海聡さんのfacebookより引用

▼布ナプキンの効果
布ナプキンに変え、数ヶ月経つとその効果を実感することができます。多くの方が悩まれている月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)についても軽減されるようです。また、経血の排出も制御できるようになり、自分で決めたタイミングで、トイレで排出することも可能です。(江戸時代までは、日本の女性は皆それが出来ていたようです。)その他にも生理痛が無くなったり、日数も短くなったりと、効用は多くあります。
布ナプキンは、市場のニーズに気付いた「利益優先の大企業等」が、漂白剤を使用したタイプなどを市場投入しています。布ナプキンだから安心と過信せず、素材(オーガニックコットンなどが良い)、加工方法などをしっかり確認されることをオススメします。すべては早とちりせず、「正しい情報」の先にある「正しい付随情報の確認」です。
布ナプキンを洗浄する際には、洗剤を使わず、水洗いだけで済ませることが理想です。せっかく良質な物を手に入れても、「合成洗剤」などで洗ってしまっては意味が無くなってしまいます。
また、「布ナプキン」に切り替えた際、一緒に「食事」も変えていくとさらに多くの効果があります。布ナプキンを洗浄する際にも感じることと思いますが、水洗いだけで充分綺麗になります。血は、食べている「食事」によって変化します。特に「肉」や「甘い物」を好んで食べる方は、血液が酸性化している傾向が高く、汚れも落ちにくく、匂いも発しています。即ち、身体から排出されるすべての物質(汗、体臭を含む)が油分を含んだ異臭を放つものとなるのです。人間の体臭(ワキガや加齢臭を含む)の大半は、「肉食」等によるものです。
肉食の欧米人の体臭が臭いのは上述の理由です。また、その匂いを消すために、香水が発展しました。日本の場合は、自然のさまざまな香りを愉しむ「香道」が文化として芽生え、着物などに「香り袋」などをしのばせ、さりげないお洒落を楽しむ文化でした。香水のような強い香りは、日本では嫌われていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール


性別:女子
年齢:秘密
昔、アトピー、今、敏感肌
普通肌の女子になりたい!

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ